full-moon-3659317_1920
夕闇に染まる住宅街に飛び交う漆黒の生き物。
鳥か?と思われがちですが、いえいえ違います(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

こいつの名前はバットマン。
ゴッサム・シティを守る全身真っ黒な筋肉隆々のムキムキマッチョメン。
costume-697960_1920
住宅街の平和を守るためにハングライダーで飛び交っているのです。

違う(っ・д・)≡⊃)3゚)∵

はい、違います。冗談です( ´∀`)ハハハ
こんな黒光りしたムキムキマッチョメンが飛び交っていたら通報ものですよね。

実際はバットマンの元になった動物『コウモリ』が飛んでいるんです。
あれ?コウモリって洞窟に居るんじゃないの?と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、意外と私たちの身近に居る生き物なんですよ(´∀`*)ウフフ

そんなダークヒーローの元になっているコウモリなんですが、私たちの家に隠れていると害獣として嫌がられる一面を持っています。
今回は家の中に隠れているコウモリについてと居た場合の駆除方法を紹介していこうと思います。




■コウモリとは

コウモリ蝙蝠)は、脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目に属する動物の総称です。
なので、コウモリは鳥類のように空を飛ぶことができるんですが、れっきとした動物なんですよ。

コウモリの特徴
コウモリの特徴と言えば体以上に大きな翼。
この翼は、鳥類と一緒で羽ばたくことで飛翔することができるんですが、鳥類と大きく違うところは、鳥類の翼は羽毛に包まれていますが、コウモリの翼は飛膜と呼ばれる伸縮性のある膜でできています。

哺乳類では、他にもムササビモモンガヒヨケザルなどの飛膜を広げて滑空する動物はいるんですけど、鳥類に匹敵するほどの完全な飛行能力を有する動物はコウモリだけなんですo(`・ω´・+o) ドヤァ…!
また、コウモリ類は夜行性で、暗闇の中でも安全に飛べるように超音波を使ったエコロケーションを使う事がよく知られています。
エコロケーション

自分が発した音が何かにぶつかって返ってきたもの(反響)を受信し、その方向と遅れによってぶつかってきたものの位置を知ること。さまざまな方向からの反響を受信すれば、周囲のものと自分の距離および位置関係を知ることができる。
暗闇や水の中の光で視ることが難しい環境下に生きるコウモリやクジラ、イルカなどが、エコロケーションによって周囲の状況や獲物の位置などを把握することに使っています。
ちなみに、視覚障害者の方もこの能力に秀でていて、杖をコンクリートにたたく音の反響を利用して、周囲の建物や状況を把握しているそうです。
迷路とかに入ると迷わずに脱出する事が出来そうですね。


コウモリの食べ物
一般的にコウモリと言えば西洋だと吸血鬼の眷属や変身した姿というように、血を好む生き物だという認識がありますが、血を好むチスイコウモリと呼ばれる種はごくわずかで、たいていは昆虫果実小動物を食べています。
ゴキブリや蛾、ネズミなんかの害虫・害獣を食べてくれるので、益獣と言えば益獣なんですが、まぁあとで害獣と言われているわけは書いていきます。


コウモリの住処
コウモリと言えば洞窟に多く生息していますが、他にも広葉樹林の森の中や、大きな木の空洞部分などによく生息しています。
そして最近では、森林伐採や土地開発によって住処追われて、ちょっとした隙間から家の屋根裏や物置などに侵入してそこに住み付いたりしています。

夕方になると住宅街の空を飛び交っているのは家の近くやもしかしたら自分の家にコウモリが居るのかもしれませんよ(´∀`*)ウフフ




 ▶
目次にもどる

■害獣な理由

さて、先ほどゴキブリや蛾、ネズミなどの害虫・害獣を食べてくれる益獣というような話を書きましたが、実際のところを言うと私たち人間に対してはよりもになる事のほうが多い動物だったりします(´▽`;) '`'`


糞や尿の被害
コウモリは日中は暗い場所を好みます。
住宅街に出没するコウモリのほとんどが、その近辺の家の中に住処を持っているはずです。

という事は、糞や尿などの排せつ物ってそこに垂れ流しになってしまいます。
コウモリの糞や尿は、木造住宅だと木を腐食させる原因にもなりますし、鉄筋やコンクリの場合でも腐食を起こさせる厄介なモノです。

あと、コウモリの糞には病原菌やカビなども多く含まれている場合があるので、これが乾燥して空気中に舞ってしまうと厄介です。


コウモリは病原菌の温床?!
コウモリの体には感染症を引き起こすような病原菌やウイルスを多く保有して言います。
有名なところでは狂犬病。そして他にもリッサウイルス感染症ニパウイルス感染症ヘンドラウイルス感染症日本脳炎重症急性呼吸器症候群 (SARS)などの原因となるウイルスを持っているという報告があります。

めったに咬んでくることはないと思いますが、これは気を付けておいて悪いことはないと思います。


ダニやノミも体についている
家でよく見かけるコウモリは、アブラコウモリといって大きさ5㎝ほどのコウモリです。
物置の掃除や普段やらない場所の掃除をしていて遭遇する場合があります。

意外と可愛らしい姿をしているので、子どもなんかは触ってみたくなってしまいますが、お気を付けを(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
先ほど書いた通り感染症も怖いんですが、他にもコウモリの体にはダニやノミなどの吸血昆虫を体に引っ付けている場合があるので、これも厄介です。
まぁ…吸血のイメージを持つコウモリが、逆に吸血されてると言うところを考えるとちょっと滑稽ですね(´▽`;) '`'`



目次にもどる

■家での隠れ場所

・天井裏
・雨戸の中
・軒下の陽が当たらないところ
・物置
・倉庫


などでよく発見されます。
私も築35年の実家に住んでいた時に一度、台風が来ていたので雨戸を閉めてみたらコウモリに遭遇しました。

かなり狭い隙間しかないはずなんですが、そこから潜り込んで入っていたみたいです。少しの隙間さえあればどんなところでもコウモリは侵入してきやすいみたいです。
さすがにその時は外は台風で荒れていたし、起こされて眠そうなそのコウモリを見ていたら可哀想で放置しておきました。


 ▶目次にもどる

■駆除方法

コウモリは鳥獣保護法という法律があるので、殺処理が禁止されている動物です。
見つけてもむやみやたらに処理することができません。

なので、家に居座っていることに気づいた場合は、どうにかして出て行ってもらわないといけません。

侵入場所を塞ぐ
夕方、家の周りを確認してみて、コウモリが出入りしている場所を見つけたら塞いでしまうのが一番です。
ただ、場所によっては個人の力では無理なところに侵入場所がある場合もあるので、その場合は業者に頼むのもいいかもしれません。


忌避剤を使う
コウモリはハッカの臭いが苦手です。
そこでハッカの香りをコウモリに噴射したり、住処にしている場所に吹きかけることで、コウモリを追い出すことができます。

強力スプレーで撃退できるタイプがこちら。
こっちは天井裏や居そうな場所に撒いておくと嫌がっていなくなってくれるタイプです。

超音波を使う
私はこれが自分でできる最高の駆除方法じゃないかと思っています。


コウモリは超音波を感じる機能が優れているので、これを使われるとかなりの不快感でしょうね。
レビューの方にもコウモリの糞被害で悩んでいた人が使ってみて、糞を見なくなったという話がありました。


駆除業者に頼む
確実の方法はプロに頼むのが一番です。


上のやり方でいなくなってくれればいいんですが、私たち素人ががんばってもできる範囲は限られてきます。
特に侵入経路の問題は屋根や見えない特殊なところにあったりする場合もあるので、対策をしてもどうしても変わらないときはプロに駆除してもらうのが確実です。

駆除だけでなく侵入経路をしっかり塞いでくれるので、今後もこれで安心です。






 ▶目次にもどる

■まとめ

まさかあのヒーローにこんな不祥事があったとは…。

黙れ(っ・д・)≡⊃)3゚)∵ ごめんなさい

えっと、このようにコウモリって思ったよりも害獣要素が強い動物なんです。
見た目は可愛いので見つけてしまった時は触ってしまいそうになりますが、絶対にゴム手袋か軍手で触るようにしてください。

そして、子どもさんがいる家庭では絶対に触らないようにきつく言い聞かせておいてください。
狂犬病は致死率100%なのでかなりやばいです。

もし、自宅周辺でコウモリを見かけるようになって、しかも家から飛び立つ姿を確認した時は、上の駆除方法を試してみてください。
どうしても変わらない場合は専門の業者に頼むのが英断だと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

目次にもどる


↓ポチっとしてもらえれば励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
ブロトピ:ブログ更新しました♪