plan-2092499_1920


『家を建てるまで我が家の住宅事情   その1』の続きです。
最終的に我が家が決めたのはタマホームでした。

スポンサードリンク
タマホームに決めた理由
正直、タマホームはネットの評判を見るとクレームが多いみたいで行く気がありませんでした。
しかし行ってみると営業の人の説明もわかりやすく、作りたい間取りでの大まかな建物価格をすぐ教えてくれました。

そして何よりも建物価格のなかにキッチンやトイレ、風呂場などがすべて標準装備で、ほかの建築会社の半分くらいの値段でできるという事実。

安い理由は設備メーカーへの大量注文することで安く提供できるようにしているからだそうです。人件費も担当の営業がほぼ全部の仕事をするので削減されているみたいですし、工事期間を完全にマニュアル化させ短い期間で施工してたくさんの家を建てれるようにしてあるからみたいです。

決めた一番の理由は我が家の懐事情に特にマッチしていたといって過言はないです。
標準装備の設備もTAKARAやLIXIL、Panasonic、ToToと有名メーカーばかりでしたし、土台の作りもかなりしっかりしていたので気に入りました。
たしかにパナや積水に比べると造りとしては少し落ちますが、我が家には分相応です。


タマホームで建てようと決めてからが大変でした。
ほぼ毎週日曜日は話し合い。全く休んだ気もしないまま月曜日から土曜日まで仕事という日々を約3か月間過ごしました。気づけば11月終わりには本契約を結び、来年の1月から施工開始と流れが決まっていきました。


大きな買い物なので色々と決めることや書かなくていはいけない書類がたくさんあり精神的にも肉体的にも大変な期間でした。


事件発生

あれは2016年の奇しくも同じ1月2日。
嫁さんの実家にて『やっぱり古い家を崩せないから建てるのはやめてほしい』と本契約もしてこれからやっていきますよって話をした2週間後くらいに言われました。

今年の1月から建て始めるのにまじっすか?って感じでしたね。ですがその土地に建てさせてもらうし実親じゃないので私は

『ならしょうがないですね、ほかの土地を探します』

としか言えませんよ。

内心あの時は怒ってました。嫁さんには悪いけどもう関わりたくもないってほどに。だって腹立つでしょ!!
今から建てますって報告して、さぁこれでようやくって時に『ダメよ~』なんて(´Д`)ハァ…

もうね、何がしたいんですか?って感じでした。今までの話し合いの時間返せやって沸々と怒りが込み上げていましたね。あ~今思い出してもイライラする( ゚д゚)、ペッ

自分たちの家に帰ってから二人で感情に任せて言い合って喧嘩してました。けどよく考えたら一番つらかったのは嫁さんなんですよね。
書きたくない言葉ですが『あんたらにこの土地をあげるメリットが・・・』ってな内容だったので・・・

実の親に言われたせいでショックを受けてました。
しかし何でそんな流れになったのかは今になってもよくわかりません。特に逆なでするようなことしてませんし。

嫁さんに聞くと何度か考えをころころ変えることが多いみたいで、育ててくれた親だけどたまに理解できないそうです。

家に帰ってから呆然としてましたが、担当に電話しないととかろうじて思考が働き土地が無くなった件と土地を探してほしいと連絡を入れました。


本当は一度契約を破棄して再契約しないといけないんですが、そこの営業所と担当の人が頑張ってくれたおかげで当初の契約のまま保留に持っていくことが出来ました。しかしまぁこのせいで後々クレーム入れたくても入れれなくなっちゃったんですけどね。

続きます。