sandpit-762541_1920
公園の砂場ってなにが潜んでいるかわからなくて怖いとは思いませんか?
犬猫がフンをするのは当たり前。中にはゴミやガラスの破片が入っていて子供がけがをしたという記事もあるほどです。

そんな時はいっそ庭に砂場を作ってみましょう。親も窓から子供を見れますし、子供も大好きな砂遊びをできて一石二鳥です。
作るとなると難しくないか?そう思われるでしょうが予想以上に簡単です。道具がそろえば1時間でできますよ。
    



   
砂場つくり

002
これが私が長男に造った砂場です。
材料はホームセンターで全部そろいます。

・花壇用ブロック(小)×20
・防草シート1m×1.5m×2
・滅菌砂10㎏×3

以上!!

花壇用ブロック(小)はサイズが約227×140×60mm 

1個108円で売ってあります。全部を組み合わせると中の砂場が約縦横105cmの正方形になるので、子供二人くらいが遊ぶにはこのくらいがよいかと思います。

防草シートは1m×1.5mは100均に売ってあったりします。
100均って何でもありますよね。本当に便利(´∀`*)ウフフ

防草シートは滅菌砂で完全に隠されるので、下の土にいるバイ菌対策として使ってください。
滅菌砂はホームセンターやネットで見つけることができます。10kgが1,000円くらいでした。

我が家では前回の真砂土をまく庭づくりと並行でやっているので、防草シートを敷いたうえに花壇用ブロックを置いています。




花壇用ブロックが真砂土から5cm位出るようにして真砂土を詰めていきます。
外を真砂土で、中を滅菌砂を入れることでブロックが動かないようになってくれます。

たったこれだけです( •̀∀•́ )✧
ただブロックおいて外は真砂土で固めて、中は滅菌砂で詰めるだけなんですよ( ´∀`)bグッ!

特にモルタルやセメントを使わなくても花壇用ブロックを埋めて滅菌砂を入れるだけで、子供が乗っても決壊しません。

003

造ったその日から長男は遊びながら大喜びでした。そんな姿を見るとお父さんも頑張ったかいがあります。

所要時間1時間
経費は
花壇用ブロック            2,016円
防草シート                     216円
滅菌砂                        3,000円
----------------------------------------
              5,232円

結構簡単にできました。







h
あとは蓋代わりにベランダタイルを我が家では置いて猫対策をしています。   


庭に作る場合

庭の一画を縦横115㎝の正方形に高さ10cmほど掘りましょう。掘ったところを平らにすることを忘れないでください。

掘った後は防草シートを敷き、その上から花壇用ブロックを重しに置きます。この時花壇用ブロックの高さがいびつにならないように合わせましょう。
あとは滅菌砂を流すだけ。砂の圧力と外の土の圧力で花壇用ブロックがしっかり固定されます。

庭に作ろうと思っても結構簡単に作れるもんですよ。
出来上がったら我が家のように何か蓋になるものを載せて猫対策をすることを忘れないでください。


最後まで読んで頂きありがとうございました。





↓ポチっとしてもらえれば励みになります。    
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング