study-789631_1920
マイホーム計画中決めることはキッチン、子供部屋、リビング、寝室、和室とサクサクと決まっていくと思います。

キッチンはお母さんの戦場です。子供部屋は子供たちの城です。リビングは家族の団らんの場でしょうか。寝室は夫婦の愛を育む場所です。和室は来客用です。

あれ?よく考えて見て下さい。
お父さんの居場所がないと思いませんか。

そう、お父さんの最高の癒しスペース『書斎』が足りないのです。世のすべてのお父さんの切望する場所です。
何者にも邪魔されず、自分の趣味を置くことができ、現実逃避ができるとても大切な場所なんです。
是非とも毎日家族のために頑張っているお父さんのために作ってあげてほしい部屋です。

意外に作ってない人が多いんですよね。
私の家に遊びに来た家を買った友人はみんな口をそろえて『これがあったか・・・』と言っていました。

スポンサードリンク


 
我が家の書斎
アパート時代、我が家は1LDKでした。
リビングと寝室の2部屋しかないのでパソコンを使いたくても寝静まってから暗い中こそこそやっていました。

仕事から帰ってきて一人でボーっとしたくてもできないのでトイレに籠って何度も怒られていました。
あの頃はトイレという閉鎖された空間が唯一の癒しの空間でした。

なのでマイホームを計画する際に『他は好きなようにしてくれていいから一畳でもいいから部屋をください』と嫁さんに頭を下げてお願いしました。

それがこれです。

029 (2)
窓は小さく、カーテンではなくブラインドです。
奥はこんな感じ。

030 (2)

結構広いでしょ。
3畳分の広さがあります。

自分好みにいろいろとカスタマイズできます。
本棚も置いてみました。

031 (2)
自分の部屋を持っていなかったので本当にうれしいです。
しかしエアコンをつけなかったので夏場は扇風機、冬場は着込むことで乗り越えないといけません

何度かお酒飲みすぎてここで横になって寝てたほど居心地がいいです。
   
    
   
書斎を作ってあげて
マイホーム計画を考えている人は出来る限りかかるお金を下げたいですよね?
たしかにお父さんさえ血涙を流して我慢すればこんな部屋はいりません。

ですが作るとしても私の部屋でもタマホームで10万くらいで作ることが出来ました。
何千万もかかるものの100分の1かかるくらいでできるんです!!

そのくらいかかってもいいじゃないですか。
これさえ作れば多分お父さんは何にも言わずあとはお母さんが好きなように家を作ることが出来るはずです。

今マイホーム計画中ならどうかお父さんに書斎を作ってあげてください。
きっとみんな満足が行く家が作れるきっかけになるはずです。
       

最後まで読んで頂きありがとうございました。
   
 ↓ポチっとしてもらえれば励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ      
にほんブログ村  人気ブログランキング