sun-791524_1920
日焼け止めクリームは今や1年を通して塗らない女性がいないほど大切なものです。
その理由は強すぎる紫外線と日差しによるシミやしわ対策になるというのは皆さんは良く知っていると思います。

しかも夏場の半端ない紫外線は日焼けや皮膚がんなどを引き起こす原因になります。
今や日焼け止めクリームは女性だけじゃなく男性や子供にも普及するほどのものです。


ですがこの日焼け止めクリームが、ある病気になるリスクを上げることになるという研究結果が2017年7月に発表されたことを知っていますか?
それは現在、増えつつある病気で、私も仕事で何度も聞いたことがあるものです。

日焼け止めクリームによる病気のリスクと改善方法をまとめていこうと思います。


スポンサードリンク




■日焼け止めクリームの研究結果

2017年7月の毎日新聞に、20代の女性が日焼け止めクリームを週3回以上使った場合、血中のビタミンD濃度が常に『欠乏状態』になっていたことが、大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査で分かったそうです。


ビタミンDは日光に含まれる紫外線を浴びることによって体内で生成されます。
日焼け止めクリームを皮膚に塗ることで、紫外線の透過性を抑えられ、生成されるべきビタミンDが生成されずらくなるみたいですね。

このビタミンDは骨の形成に重要な栄養素で、不足するとカルシウム吸収が上手く出来なくなり齢を取ってからの
骨粗鬆症になりやすくなります。


骨粗鬆症って何?
人間の体を支えているのは骨と筋肉です。
このどちらも齢を重ねるごとに弱くなっていきます。

骨粗鬆症とは骨の密度の過度の減少によって引き起こります。
これになると骨の密度がスカスカになり、少しの衝撃で骨が折れやすくなるのです。

最近TVでもよく耳にする『いつのまにか骨折』もこれの一つです。

高齢社会を迎え、骨粗鬆症の患者さんは年々増加の一途をたどり、約1000万人を突破しているといわれています。
以前は単なる加齢現象ととらえられていましたが、骨粗鬆症は骨の病的な状態と考えるべきものです。



 ▶目次にもどる

■予防方法

日の光を浴びる
ビタミンDを体内で生成する場合、日の光を浴びることが一番大事です。
それに健康的にも肉体的にも精神的にも日の光を浴びて感じることは必要なことです。

浴びる目安としては10分から20分ほどの顔、手足、背中の日光浴を少なくとも週3回行う事で必要量のビタミンDが生合成されます。

特に冬に比べて夏は生成される量が増えるので出来れば夏の日中、暑いですが10分でも外で運動してみるのが大事です。
少しの時間で必要量のビタミンDが生合成できます。

ちなみにガラス越しに家の中での日光浴は意味がありません。この場合はビタミンDが生成されないそうです。


スポンサードリンク



食品から摂る
どうあっても日に当たりたくない場合は食品からも摂取できます。
ですが日光浴に比べると食品からのビタミンD摂取は体の吸収力が弱いです。

摂れる食品として魚類は全般的にビタミンDの多い食品群です。
中でも
サケ、マス、にしん、かわはぎ、うなぎ、しらす干し、からすみ、あんきも(アンコウの肝) には特に多くビタミンDが含まれています。

他にも
きくらげまいたけ卵の卵黄 ピータンカモ肉 スッポン、マーガリンなどにもビタミンDは良く含まれています


目次にもどる

■飲む日焼け止め

ビタミンDのために日焼け止めクリームをやめても紫外線に当たることで、シミしわ皮膚がんになるリスクは残ります。
そこでビタミンDの生成が出来て日焼けも抑えれる方法があります。

それが最近よく見かける
『飲む日焼け止め』です。

これは飲む事で皮膚の紫外線への抵抗力を上げることができます。
日焼け止めクリームは塗ったところにしか効果がありませんが、飲む日焼け止めは全身に効果が表れるので全身のケアができます。

数多くある中からおすすめの2つを紹介します。


ボタニカルホワイト


『日焼け止めはもう、塗るだけじゃない。これからは「飲む」日焼け止め』という広告文句のボタニカルホワイトです。

他の飲む日焼け止めとはどこが違うかというと


その1. 定期購入の必要なし!手軽に試せて効果を実感しながら続けられる、15日分1800円。

その2.日焼け止め成分W配合だから差がつく実感力。飲んだ直後&飲み続けてケアするから、急なお出かけでもバッチリ紫外線対策。続けるほど紫外線ダメージを受けにくい肌へ。

その3. 毎日続けられる低価格!1日分120円(´∀`*)ウフフ

その4. 飲みやすい小粒な錠剤。持ち歩いて気になったときにすぐに飲めるから、いつでもどこでも即、紫外線ケア。

その5.ビタミンDを配合してあり、他にもリコピン、ルテイン、ビタミンC、ビタミンB2など美肌成分が含まれます。


飲む日焼け止めの効果を知りたい場合、安くお手軽にできるボタニカルホワイトは買い求めやすいと思います

「しまった!朝より黒くなってる!」
うっかり後悔、二度としたくない人へ【ボタニカルホワイト】



インナーパラソル16200


こちらのインナーパラソル16200はボタニカルホワイトと違うところは美容成分の量が半端ないところです。
日焼け対策もでき美容にも良い飲む日焼け止めと言えばインナーパラソル16200だと思います。

美容成分は

ホンマでっかTVでも話題になった日焼け止め成分「ニュートロックスサン」を7500㎎
肌の潤いを保つフルーツセラミド「パインセラ」を900㎎
太陽からのダメージから守ってくれる「コプリーノ」を1500㎎
健康と美容に大事な「ビタミンC」と「ビタミンP」をそれぞれ3000㎎と3300㎎

全部合わせて16200㎎含まれているという事になります。
まさに女性の味方と言えるサプリ型の日焼け止めですね。

日焼け止めと一緒に美容効果も期待したいと思う人にはおススメの飲む日焼け止めです。

夏の飲む美容サプリメント「インナーパラソル16200forUV」


 ▶目次にもどる

■まとめ

日焼けやシミ、しわ、皮膚がんにならないためにしないといけない日焼け対策ですが、日焼け止めクリームを使う事で骨粗鬆症になるリスクが大きくなっていきます。
できれば齢を取った時のためにも少しでも日に当たることが大事です。

どうしても日焼け止めクリームなどの紫外線対策をしたいのなら、しっかり食物から摂るようにしてください。
それか全身をケアできる飲む日焼け止めを試してみるのもいいかも知れませんよ。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


 ▶目次にもどる

↓ポチっとしてもらえれば励みになります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療ランキング