gardening-2518377_1920
草抜きは庭を持つ家の宿命と言えます。
しかし雑草を抜き続けるのには気持ちと方法が伴っていないと続かないものです。

これまでの記事で、我が家の雑草対策をご紹介してきました。

雑草対策をしたおかげで、今や我が家の庭は雑草があまり目立たないほどです。
それは庭を改造したおかげもあるのですが、日々草を生やさないように草取りを続けているからでもあります。


これから草取りをしていこうと意気込むあなたへ、モチベーションを下げずに続けていくために必要な方法をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク




■モチベーションを下げないためにすべき事

草取りをする日にちと時間を決める
草取りは毎日出来るのなら毎日する方がいいですが、毎日なんて出来るものではありません。
仕事があれば家事だってあります。

なので一週間に1回、決まった曜日に決まった時間するように心がけるのが大事です。
私の場合は日曜日しか休みがないので、日曜日に1時間くらい草取りをするようにしています。

決めた時間で終わらせることが大事です。
無理に長時間やってしまうと腰やひざを痛めてしまってだんだんやりたくなくなってきますよ(゚д゚)/



草取りした場所がわかるように草取りの範囲を決める
日にちと時間が決まったら次は草取りの範囲を決めましょう。
『ここら辺をやる』という大まかなもので良いです。

範囲を決めないと移り気な人は草の伸びが気になるところに目移りしてしまいます。

私もそうだったので、最初はあっち行ったりこっち行ったりで草を取っていて『よし、たくさん取れた』と腰を上げて庭を見た時には草の生えてる範囲はあまり変わってなかったという事がありました。


なので草取りが終わった時に草の緑がない範囲を見て達成感を感じるためにもやるべき範囲を決めておきましょう。
モチベーションを下げないために一番大事なのは抜いた場所と抜いてない場所の違いを感じ達成感を持つことだと思います。



道具を揃える
武器を揃えましょう。
物事を始めるにはまず形からとは良く言ったものです。

道具を買うと『せっかく買ったからやらないとな』と思うものです。
そしてむしろ買うとテンションが無駄に上がります。

勢いって大事ですよ。
テンション上がった状態で、草取りをして達成感を感じ、次も続けようと思わせモチベーションをアップさせましょうm9っ`Д´) ビシッ!!


目次にもどる

■草取りを始めるための服装

オールシーズン使う服装

・長袖長ズボンのジャージ
・靴は靴下を履いた動きやすい運動靴
・軍手よりは園芸用ゴム手袋
・帽子

冬や春の場合
冬や春の場合、草取りの始めは寒いので貼るホッカイロを腰に貼りながらするのが大事です。
温めながらやることで腰を痛めずにもすみます。

夏や秋の場合
夏や秋は蚊やダニ、他の毒虫(蜂、毛虫、ムカデなど)が多く出てきます。
ジャージと靴の間から虫が入って来させないためにも長靴を履きましょう。

そして首や顔が無防備なのでタオルで首を巻いたり、顔をガードするようにタオルを使う事をおススメします。

※前記事『夏に生えすぎた雑草の駆除』参照


スポンサードリンク


目次にもどる

■おススメの草取り方法

庭の草取りをする場合、結構広範囲に草は生えています。
これを小さなスコップや草取り用の道具で抜いていくと結構な時間がかかりますよね。

そんな時は大きなスコップを用意してください。

このくらいで先端がとがってる方が使いやすいかと思います。

そして10㎝程、草ごと土を掘って裏返していきましょう。
葉っぱのほうを下に根っこを上にお好み焼きを裏返すようにしていってください。

この方法の良いところはとりあえず草が土に隠されて草の緑が見えなくなることです。
これだけでもなんか綺麗になったなと実感できます。


ですがこのままだと達成感が物足りないので、土を払いながら草を取って山にしていきましょう。
雑草の根は5cm位の土の中までしかないものが多いです。

10㎝掘ることで確実に雑草の根っこまで抜くことができます。
しかもスコップで土を掘ってるので、その中から草を取ることは容易になっています。

しかしスコップで掘った後の草を取っていっても取り残しは出てきます。

その場合でもご安心を( ̄ー ̄)ニヤリ

光合成をする葉っぱは地面の中に埋もれています。
そして土から栄養を手に入れるべき根っこは土から出ています。

そうなると葉っぱは光合成できず腐り、根は日の光にさらされて乾燥して枯れていってくれます。
そのまま放置すると土に戻りますし、枯れたのを取って集めるのも簡単です。

稀に頑張って生き残っているのもいますが、根がまだはってないので簡単に抜けるはずです。


目次にもどる

■まとめ

お庭の草取りは大変です。
草取りの日にちと時間を決めてモチベーションを保ちつつやることがお庭をジャングルにしない一つの方法だと思います。

私自身、庭改造する前はお金を使わないで、自分の力でどうにかできないものかと考えてスコップでやっていました。
スコップ良いですよ。

見栄えも良くなるし、それにやった場所は1ヶ月くらいは草がそこまで生えません。
生えても土が柔らかいのですぐ取れるのも良い副産物でした。

自分の力だけでどうにか頑張りたいと思う人は参考にしていただければと思います。







最後まで読んで頂きありがとうございました。

目次にもどる     


↓ポチっとしてもらえれば励みになります。



にほんブログ村

庭・花壇づくりランキング