018
先日、仕事場で殻つきピーナッツをもらいました。
柿ピーで裸の放送禁止野郎(ピーナッツ)はよく見ているんですけど殻が付いているのは初めてです。

いや~すごいですね。本当にピーナッツってあんな殻の中にいるんですね。
しかも、殻を匂ってもピーナッツの美味しそうな香り。殻つきを初めて見たのとその香りで、テンションが一気に上がります。

隠れて私だけが楽しんでもいいんですが、せっかくの殻つきピーナッツです。
息子たちに見せてどんな反応を示すか面白ろそうなので、見せてみました。


スポンサードリンク



■殻つきの中身

私的にちょっと初めて体験だったので、写真を撮ってしまいました。
017
見た感想としては見た目が蚕の繭にちょっと似ている(´∀`*)ウフフ

割ってみると

IMG_E4809
本当に殻の中にいるんですね。
この殻って乾燥してから硬くなってるみたいなんで、収穫したばかりだと柔らかかったんでしょうか?

茶色の薄皮を剥くと

IMG_E4810
出てきました。柿ピーでもお馴染みの裸の放送禁止野郎(;´Д`)ハァハァ
食べてみるとピーナッツの香ばしい味と甘み、これは食べ出すと止まりません。


柿ピー
柿ピーを作った亀田製菓の柿の種と放送禁止野郎(ピーナッツ)の比率は6:4だそうです。
この比率、毎度食べていて思いますが完璧な黄金比率ですよね。

柿の種だけだでも美味しいんですが、そこに甘さを持つ放送禁止野郎が辛さに馴染んでしまった舌に甘さの援護射撃を行う事で、飽きずに美味しく食べられると言う中毒性をもたらすわけですね。

しかし、私としてはもう少し柿の種を増やした、発売当初の比率7:3も捨てがたい気もするんです。
今は販売してないんでしょうか?気になります。


 ▶目次にもどる

■長男に渡してみた

長男はピーナッツが大好きです。
私が柿ピーを食べているともっぱら奪っていくのは放送禁止野郎。

後で残された柿の種をポリポリ消費しながらお酒を飲むのが常になっています。
そんな彼に殻つきのピーナッツを渡してみました。

IMG_4825
これがピーナッツだよと教えて渡しましたが、初めて見る殻つきの姿に見入っています。
振ってみると中のピーナッツがカラカラと音を出して鳴るのが気に入ったみたいで、何度も耳元で振る長男

割って食べることを教えるとさっそく割って食べていました。
さすが3歳にもなると自分で割って中身を食べれるもんだ。

IMG_4824
あっ、次男のむっちり容疑者に見つかった(゚д゚)!!!
なにしてるの?と言わんばかりにこちらを見ていますね。これはあげないと後がうるさいです(;´∀`)

スポンサードリンク


目次にもどる

■次男に渡してみた

獲物をロックオンしたら行動が早い次男むっちり容疑者。
さっそく椅子を使ってダイニングテーブルの上によじ登り、くれと言わんばかりに近づいてきます。

最近は自己主張が強くなり、気に食わないと大泣き+地面でじたばたし出すそうなので、殻つきピーナッツを一つ進呈。

IMG_4827
左手に持っているのはお兄ちゃんのトレーニング箸じゃないですか!!
もしやそれを使って食べるという気ですか(゚д゚)!

と思いきや箸を・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッとしてピーナッツをお皿に入れ出した。

IMG_4804
入れるのが最近のブームだそうです。
そして、取り出しブツを目で確認。

IMG_4806
からの
IMG_4828
殻つきピーナッツ捕食キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
きっとそのまま食べるだろうなと思ってたら案の定そのまま口にIN。

しかも、器用に前歯で殻を割ってたので、すぐに取り上げて口の中の殻も回収しました。
やはり持たせると気になって口に運んでしまいますね。

可哀想だったので少し砕いて口に入れてあげましたが、まだ歯が生えてないので、あまり味を楽しめなかったみたいです。
いつもならもっと(ヽ゚д)クレと訴えて来るんですが言わなかったんで、まだまだ彼には早かったみたいですね。



 ▶目次にもどる

■食べすぎ注意

前回の銀杏は食べすぎると死ぬと言われていますが、ピーナッツは食べすぎると鼻血が出ると言われています。
これって迷信だそうで、食べすぎると脂分や栄養分が高いせいで、ニキビができたり太りやすかったりアレルギーが出たり、消化が悪いのでお腹を壊して下痢になりやすかったり するらしいです

なので、一日の目安的には
30粒くらいを上限に食べるのが良いとされています。







目次にもどる

■まとめ

初めての殻つきピーナッツでしたが、割って食べるのもなかなか楽しめました。
長男も割るのが楽しかったみたいで、食べずに裸の放送禁止野郎を大量生産していました。

いつもは剥いてあるのが本当は殻に入ってこんな風に成っているという事を教えれたのは子供にとっていい勉強になったと思っています。
ただ、美味しいからとたくさん食べさせすぎないように自分も子供も気を付けないといけないですね。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

目次にもどる

↓ポチっとしてもらえれば励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング