agriculture-2654157_1920
春ジャガイモを植えてから2ヶ月が経ちました。
これまでの我が家の春ジャガイモの流れはこちら。↓↓↓

1ヶ月前はようやく芽が出てε-(´∀`*)ホッと安心したんですが、あれから1ヶ月経ち、かなりの生長をした我が家の春ジャガイモ君。
2回目の土寄せをするサインが出たのでやってみました。

ついでにジャガイモにつく害虫なんかも居たので駆除しています。
今回は2ヶ月経った春ジャガイモの生長と2回目の土寄せ。そしてジャガイモにつく害虫と我が家の害獣について紹介をしていきます。

スポンサードリンク



■春ジャガイモの経過

植えてから1ヶ月の状態
春ジャガイモを植えたのが2月25日。そして前回1か月経過の記事で書いたのが3月の終わりで、このくらい生長していました。
063
右の1つの畝(うね)がデジマ、左の2畝がキタアカリを植えてあります。

プランターは日が当たりやすいところにあるので生長が良いですね( ´∀`)bグッ!
062
こちらは左がデジマ、右がキタアカリ。

1ヶ月~2ヶ月の間
4月8日
007
006
この前の日が酷い嵐だったので、だいぶ葉っぱが右に寄っています。
ジャガイモの茎は結構柔らかいので、何本か風に負けて折れていたのがショックでした。


4月15日
001
003
先週は嵐だったんですが、この週は快晴。
どうです?4月8日の写真と比べてかなりのすくすく感じゃないですか(´∀`*)ウフフ

家庭菜園の方もすごいんですが、それ以上にプランターの生長具合が見ててかなりワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイな気分でした。見た感じですが真横に伸びて行ってる感じです。
たった1週間陽に当たっただけで、ここまで生長するとは恐るべしジャガイモです。


4月22日
005
006
家庭菜園がほぼジャガイモに侵食されていますね。ちらほら見えていた土の色も完全に緑に消えています。
プランターはもっとたくさん陽に当たるために真上に伸びて行ってるような気がします。

4月29日
004
002
家庭菜園とプランターとも上へ上へと伸びていっています。
そして次に紹介するんですが、花が咲いているんですよ。

1ヶ月~2ヶ月の間に水をやらずに自然に育てていますが、ここまで大きくなるとは植物の生長はすごいですね。

もう1つの生長していたやつ
前回の1ヶ月の記事に以前植えていて寒さで育たなかったから抜いてしまったホウレン草が芽を出していたという事を書きました。
こいつですね。
004
(※左ホウレン草 右ジャガイモ)
こいつも健気にというか思った以上に育ってくれたんです。

1か月経ったホウレン草の姿がこちら。
066
お前こんなに大きくなるんかい?!

晩秋に植えて冬場に収穫と思っていたので、そこまで育たないだろうとか思っていたんですが、ここまで育つとは驚きでした。

ジャガイモに負けないくらい育っていてびっくりしました。
気になったので調べてみると晩秋(9月~10月終わり)春(3月~4月)に植えれるそうです。

ちょうど時期的にいい感じに芽を出したんですね。
今度はちゃんと植えて育ててやりたいです。


スポンサードリンク



 ▶目次にもどる

■春ジャガイモの花が咲きました

咲いていたのはこんな花。
005
白くて可愛い花。これはデジマの花です。
そしてキタアカリは陽当たりの関係かまだ蕾(つぼみ)でした。
049
真ん中あたりにあるんですが、ちょっとピンクっぽい色が見えます。

このジャガイモの花なんですが、蕾ができて咲く前に取った方がいいという人と取らなくてもいいという人に分かれます。
理由としては植物は花を咲かせる時にかなりの養分を使うそうで、ジャガイモの育ち具合が下がってしまいます。

ただ、日本で売られているジャガイモは品種改良もされているので、わざわざ花芽を取らなくても十分ジャガイモは生長すると言われてます。
なので、咲いた花をそのままにしておいても大丈夫らしいです。

私はせっかくなので家庭菜園は取らずに置いて、プランターだけ取ってみました。
たぶんあまり変化はないと思うんですが、ジャガイモを収穫するときにでも変化がないか見ておこうと思います。


花が咲く=サイン
ジャガイモの花が咲くとあ~綺麗だなぁε-(´∀`*)ホッだけではなく、これはジャガイモの次の作業をするためのサインでもあります。
ジャガイモの花が咲くと次は茎からジャガイモを作るようになっていくんです。

そのために2回目の土寄せをしていかないといけないわけなんですよ。
これをしないとできたジャガイモは陽に当たってしまって緑化してしまうので、しっかり土寄せ作業は大事なんです。








目次にもどる

■2回目の土寄せ

ジャガイモの花が咲いたので、2回目の土寄せ作業をしました。
やり方は1回目のやり方と同じで、ジャガイモの生えている部分に土を盛るだけです。

こんな感じに1回目に土寄せした土が、ジャガイモが地下で形成されているせいか割れてきているので、そこに土を寄せていきます。
031
私は畝の端の土を削って寄せ土として使っています。
土寄せと一緒に肥料も入れるといいそうなんですが、なんとなく肥料をやり過ぎな予感がするので、今回は肥料をいれずそのまま土寄せしています。
029
地面から約5㎝位土寄せをしておけば大丈夫でしょう。

プランターの方は培養土が残っていたので、培養土で土寄せしています。
034
この2回目の土寄せで、ジャガイモにするべき工程は終わりです。
後はだんだん葉っぱの色が変わって枯れてくればジャガイモの収穫となります。











 ▶目次にもどる

■春ジャガイモの害虫と我が家の害獣

ジャガイモは生長していくとそれを狙う害虫も増えていきます。
この2回目の土寄せをしながら害虫を探して駆除をしてみました。

ネキリムシ
以前記事にしてみたので、よければそちらをご覧ください。
イモムシ系が苦手な方は気をしっかり持って確認してください(๑•̀ㅂ•́)و✧


ニジュウヤホシテントウムシ
032
ちょっと見えずらいですが葉を確認していたら見つけました。
こいつの名前はニジュウヤホシテントウムシ。別名テントウムシダマシです。

テントウムシはアブラムシを捕食してくれる益虫なんですが、こいつはテントウムシの仲間のくせに悪いテントウムシです。
せっかく育った葉っぱや実を食害する厄介なやつです。

テントウムシとニジュウホシテントウムシの違いは背中の星の数が多いか少ないかなので、大量に星があるのが居たら捕まえてゴミと一緒に捨ててください。
葉っぱに付かないようにするには草木灰を葉っぱに振りかけて葉っぱの表面をアルカリ性にしてやれば他の害虫も嫌がって食べなくなるそうです。
最大最強の害獣?
我が家の家庭菜園最大最強の害獣むっちりです。
068
ちなみに彼、ズボンを履かずおむつ状態です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
ですがご安心を、こいつが出没するのは我が家だけです。

このむっちりは本当に悪いむっちりで、ジャガイモの茎を折る事多々、寄せ土作業中にお手伝いと言わんばかりに砂場の砂を寄せ土に使い、しかも何を考えたのか、スコップを片手に持ってジャガイモを掘り返そうとする始末(ノД`)シクシク

こいつに関しては対応策がほぼ手詰まりなので、家庭菜園に突っ込んでいくのをどうにか阻止するしかないですね。
もういっそう入れないように柵でも作るか(;-ω-)ウーン






 ▶目次にもどる

■まとめ

たった1ヶ月でここまですくすく育ってくれて本当にうれしいことです。
花が咲いて、2回目の土寄せが終わったので、あとはジャガイモの葉っぱが枯れて収穫するだけです。

今日は風が強かったのでジャガイモの様子を見に行ったんですが、ちょっと土の中から形成されたジャガイモが見えていたので、期待できそうです((o(´∀`)o))ワクワク
あとは害虫や我が家の害獣、ジャガイモの病気に気を付けてこのまま育ってくれることを願うばかりです。

ただ、今日の風の強さのせいで何本か茎が折れてるところがあるので、ちょっとそこが心配ですね。
次の報告の時には収穫の状況などを紹介できたらと思います



最後まで読んでいただきありがとうございました。


目次にもどる


↓ポチっとしてもらえれば励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
ブロトピ:ブログ更新しました♪